ほぼほぼステロロのアトリエシリーズの雑多なつぶやき

仕上げ

なんだかデジタルで絵を描くのは難しいという事をひしひしと感じたのでちょっと小話でもと。

あーでもないこーでもないとディスプレイとにらめっこしながら絵を描いていましたが、
デジタルの絵って描くというより作るといった方があっているような気がします。

もちろん画力であったり魅力的に見せる構図であったり、色彩であったりの基本的な感覚の部分が発達していないと
いいなという絵は描けないと思っているので、「デジタルなんぞ甘え」なんてつゆほども思っていません。
むしろ自分のその感覚をアナログでなく、デジタルの世界でフルに使いこなしている人たちはほんと尊敬に値するのです。

いやぁデジタル苦手…
でも苦手だからと言って、今の時代に取り残されながら自分の道を突き進むのは、カッコ悪いような気がして、
なんでもうまくなれる方法を吸収していく方が良いんじゃないかとか、



とりとめのない話をつらつら話しましたが、つまりなんでも器用にこなしたいです。
スポンサーサイト

ホーム  次のページ »

わくわく岸田メルランドイベントレポート

先日大阪で行われたわくわく岸田メルランドのレポートです。

メルランドレポ

日菜子ちゃんの拡大
拡大


だいたい画像にまとめたのですがとにかくメル先生はファンサービス旺盛でした!


ライブペイントを見ていて思ったのですが、やはりプロの方が絵を描くうえで一番時間をかけられるのは、構図であったり
下書きであったりするのだなと思いました。
昔「左先生」のライブペイントも見に行ったことがあるのですが、手の角度や、目線など、下書きの部分でしっかり時間を取られて、
ペン入れや着彩はスピーディーな慣れた手つきで描かれていました。
メル先生も同じく、構図で一番時間をかけられていたので、やはりより魅力的な絵を描くには構図が最も重要なのだなと改めて感じました。


イベントの時実は上原リノリさんとお会いしてステロロのおはなしとかをもろもろさせて頂きました…!
緊張しっぱなしでなんだかじょうずにしゃべれなかったけど、リノリさんは大人な方ですごく素敵な方でした…!
うう…出逢えてだいぶ感無量だったのです…!

ホーム  次のページ »

ラフスケッチ

飛びついて抱く

ロロナの時のステロロは清さがいいな~^^
多分トトアト、メルアト以降でこの構図でえがくとなると、ステルクさんがロロナのお胸に目線を向け…おっと


本当はちょっとこの絵とは対だったり。
抱きつく2

ホーム  次のページ »

塗装と自分の事

前回プラモを初めて作ったことによって、塗装作業においての制作で少し思ったことを書いていきたいと思います。

まず、これ…
エアブラシ
IMG_6796.jpg
ああ…ハンドピースの反射した光がカッコイイ…
塗装はこれを使うのがフィギュアもプラモも基本ですね。模型用として机の上にポンと置けるサイズで、音の静かなものが売られています。長く使えるものなので学生時代に奮発して買いました。

後ろにあるのがエアコンプレッサーです
IMG_6795.jpg
あ、はいエアコンプレッサーは自分の同人のサークル名です…。
サークル名もハンドルネームも色々悩んだのですが、ハンドルネームは、まず、ちゃんと読めること、次に、人と被らないこと。この二つを重視して、でもどうせ同人なんて変わったことするんだから、変わった名前にしようと思って、なんとなく思い浮かんだのが但馬牛(タジマギュウ)でした。そしたらインターネットで調べた時本物の牛と被るわ、関西人しか但馬牛を正しく読めないわで自分の思ったことと正反対になってしまいました。
そしてサークル名にもなってるエアコンプレッサーですが、自分が当時一番大事なものだったので、この名前にしました。本当はワンフェス(フィギュアや模型の大型イベント)にいつか人型でないフィギュアで出てみたいな、と当時は思っていたので、模型に関することも含めちゃおうと思っていたのでこのサークル名なのですが…こっちは絶対被りそうです…当時全然深く考えてなかったんですね…

話は用具に戻るのですが、私は基本後ろにいつも段ボールを置いて作業をしています。これは塗装するとき、エアブラシで吹き付けをすると、塗料が飛び散って、部屋が汚れてしまうから、塗装の対象及び段ボールに向かって吹き付けをしています。本当は、塗装ブースと言って、排気口を部屋の外につなげられるようなもっとしっかりとした道具が、タミヤなりクレオスなりの会社で販売されているのですが…家とお金に負担をかけるからね…でも段ボールでも、あるとないとでは全然違うのでせめて段ボールくらいは用意したいですね。

それから
IMG_6826.jpg
マスクも用意しておきたいです。模型用のシンナーは体に取り込んでも大してダメージは無いのですが、色を取り込むのはよくないです。色というのは、顔料なら、貴石を砕いたものが使われているのです。絵の具には青ならラピスラズリであったり、白なら胡粉と言って貝殻を砕いたものが使われています。合成の物であっても、硝子などに染料で着色したものが入っています。模型用塗料はよくわかりませんが…
(ちなみに染料は、藍や紅など、草木、タール系色素などを想像してもらえばいいでしょう)
つまり、何が言いたいかというと、エアブラシ塗装をすると、小さな粉状になった塗料が肺に詰まってしまうのです!
毎日マスクをせずに何年も塗装をすると、下手したら塵肺になる可能性も無きにしも非ずですので、少し大げさですが、こういったものを使います。

このマスク、カートリッジを交換する事が出来るのですが…
IMG_6825.jpg
使用後と使用前とではもう見ただけでわかりますね。
やっぱり危険ですのでこれからも使っていきます。
1万も2万もするような値段じゃないので、そんなに高くないしね。
しかもちゃんと付けたら匂いが全くしないのです!たぶん肥溜めでも作業できると思う^^

これほど大事を取っているのには理由があって、実は私アレルギーがあるのです。皮膚が弱いとか、食べ物で蕁麻疹が出るとかそういうのではないのですが、フィギュア制作において、複製をつくるときに使われるレジンキャストという道具。女性の方はいまハンドメイドで流行っている、透明レジン。これのどちらもなのですが、この素材を使って作業をし、皮膚に付着すると、必ずと言っていいほど、かゆみや蕁麻疹が出ます。
初めてこのレジンという素材に出逢ったときはゴム手袋もつけずに作業をしていたのですが、(当時は)原因不明のかゆみと蕁麻疹に襲われ皮膚科に受信してはやれ鰆のせいだとか天然ゴムのせいだとか色々言われたのですが、レジンが原因で症状が出ることに気が付きました。レジンは今様々な場所で使われています。少し前までフィギュアの複製がほとんどでしたが、ハンドメイドだったり、歯科の詰め物もレジンです。ですので、今からやろうと思う方はどうかゴム手袋とマスクを…あと作業着をしっかり付けて制作してください…!



趣味は大切ですが、健康被害は恐ろしいので体を大事にしましょう…。

ホーム  次のページ »

プラモでもと

ninja

前回購入したステルクさんが乗ってたらいいなというバイクのプラモを制作しようと思い、ここ1週間ぶっ続けで制作しました。
初めてのプラモですがとても楽しく制作できました。

フィギュアと違い、接着しながら塗装をするということに四苦八苦しながら制作しましたが、なかなか面白かったので、記事ネタに…
プラモ初心者どころか初めての制作のうえに、バイクもいまいちわかってない女の戯言ですので、そういうのが嫌いという方は見ないことをお勧めします。
またいつものアトリエと全く関係ないので、今回の記事で最初から完成までさくっと説明しますので、めちゃくちゃ暇で仕方ない人向けの記事です。







まずはフレームの制作。このまわりにエンジンなどバイクが動く仕組みのものを組み込むための枠です。
IMG_6764.jpg
瞬間接着剤でなくタミヤセメントという専用の接着剤(パテ?)を使います。これ、プラモのプラスチック材を溶かして固める性質があり、接着剤のように溶液が固まって着く、というより、素材を溶かして一体化するものなので、溶接ができるようなイメージですね。なんとも便利!
しかしフィギュア用のレジンキャスト(フィギュアの素材でよく使われるプラスチックです)では使えないようで少し残念です。フィギュアもこういうの欲しいな。
IMG_6765.jpg
これは組みあがったフレームで全く塗装をしていない状態です。
ほんの少しテカリが目立ちますね。
IMG_6766.jpg
上からブラックのサーフェイサー(下地材)を吹き付けました。本当はこの上から別の色を吹き付けるのですが、テカリが抑えられていい感じです。まあこのままでいいかな。正直めちゃくちゃ適当な制作ですのであまり参考にしないでください…
IMG_6768.jpg
エンジンを作ります。少しづつパーツを切り離しては接着。
真ん中の金属部分はメタルカラーで塗ります。ステルクさんの剣で使った色ですね!
IMG_6770.jpg
こんな細かいパーツが…!ひとつづつエアブラシで吹くと飛んで行っていしまいますので、マスキングテープにはりつけてそのまま色を吹きます。
IMG_6771.jpg
ひとつづつピンセットでつけます。なんかかわいいかも?
IMG_6767.jpg
同じ銀色でも少し違うみたいです。ちょっとづつ別の色を作って塗ります。
小さいパーツは筆塗りでも大丈夫ですね。(こだわる人はマスキングしてすべてエアブラシ塗装のようです)
IMG_6772.jpg
エンジンが出来上がりました!
IMG_6778.jpg
チェーンを塗ります。
側面は銀色、上と底は金色の指定がありました。そのまま筆で頑張って塗ります。
IMG_6775.jpg
組み上げの際にビスを使うそうです。細かい!!
2mmのビスなんて初めて見ました!付属の小さいドライバーを使って止めていきます。
IMG_6785.jpg
IMG_6780.jpg
もうすでにバイクらしくなってきました!
IMG_6801.jpg
前輪を付けて
IMG_6805.jpg
タンクを付けます
次はマフラー!
焼き付きで虹色になった感じを出したいです。全然知らないので色々と調べたのですが、チタンという金属でできたマフラーは乗っているうちに高温になって自然と虹色に色づくそうです。意図した色にするため業者にあぶってもらう方もいるそうな。

プラモでも再現できるそうでやってみました。
下地の色を残すクリアカラーを使っての吹き付けです。三色を少しづつ重ねます。
IMG_6809.jpg
IMG_6810.jpg
IMG_6811.jpg
…めっちゃ面白い!なかなか綺麗にできました!
これを本体につけます。
IMG_6813.jpg
次はカウルの処理です。
IMG_6815.jpg
2つのパーツからなるものなのですが、継ぎ目が気になるので、上からパテを盛ったりして継ぎ目をなくします。これに色を塗って付けていくんですね。
IMG_6816.jpg
よく頑張って作ったエンジンやマフラーの細かい塗装。
IMG_6819.jpg
大きなカウルで覆われてしまいました…鬼畜…!
これが嫌ならネイキッドバイクを作ればいいのですが、レーサーレプリカのバイクがカッコいいし…
さらに頑張ったところをことごとくカウルで覆っていけば
IMG_6840.jpg
完成です!
IMG_6841.jpg
IMG_6839.jpg
ボディの色はブルーです。この色が良いんだよなあ…。
ninjaと言えばライムグリーンですが、ステルクさん的にはよくわからない理論ですがブラックかブルーです。
初めてのプラモですが、工程と手間は大変かかりましたが、特別な技術はそれ程必要ないということが分かりました。
(こんなこと言ったらプラモ好きさんに怒られるな)
しかし逆に言えば、初心者でも、手間と時間を惜しまなければ、プロ顔負けの作品が出来るということです。
これって例えば造形に苦手意識を持つ子供にとってとてもいい経験になるんじゃないでしょうか!?
可愛い子にはプラモさせよですね!?ちょっとおすすめしたいと思います。(しかしエアブラシ塗装はお勧めしない)

しかし、原型の精密さが本当に素晴らしかった!ピッタリはまっていくんです。
カウルの部分はなんとほとんど接着剤を使わず、ビスと素材のダボだけでパチッと組みあがってしまうんです…!!
これは気持ちい!ハマる気持ちも少しわかりました。








さて、話は変わりますが完成したのでやりたかったことをします
そう、ステルクさんと並べるんです


なんといったってステルクさんが乗ってたらカッコいいバイクとして制作したのですから!
ステルクさんとロロナが二人乗りするために作ったバイクですから!!!

いざ、ならべるぞ!
IMG_6843.jpg



ちっさ



…これは…スケールの違いだったか…!
フィギュアはたいがい1/8スケール。
つまり185cmのステルクさんは23cmとして制作していたのですが…このバイクのスケールは1/12…!
何たる初歩的なミス…!さすがに三次元は拡大縮小がきかない…
こんなオチがあるなんて聞いてない…!


というわけで制作は楽しかったのですがステロロに萌える事は出来ず、飾って楽しいオブジェクトになってしまいました…
まあそれでもなんとか粘って写真を撮ったのがこれです
IMG_6858.jpg
バイクとフィギュアの距離を大きめに取って、バイクを大きく見せます。遠近法ですね。
さらに、バイクをアオリ(ローアングル)から撮ればさらに大きく見せる事が出来ます。
これでも少し小さいバイクに見えますが、だいぶマシに見えます。うんかっこいい



まあでも実際の大きさはこれなんですけどね。
IMG_6859.jpg


長々と失礼しました。

ホーム  次のページ »